HOME>注目記事>町工場では人材不足を補うための外国人労働者の雇用が増えている

町工場に外国人労働者が増えている

男性作業員

日本の製造業を支えているのが、日本のいたる所にある町工場です。最近では、後継者不足に悩まされている町工場も増えている中で、積極的にやる気のある外国人労働者を採用する取り組みがなされるようになってきました。人材派遣会社から外国人労働者の人材紹介を受け、雇用契約を結ぶ町工場も少なくありません。外国人の技能研修制度を利用した雇用制度もありますが、中長期的な雇用を期待できないという問題点があります。そうした理由もあり、人材紹介を受けられる会社から紹介を受けて、独自に雇用契約を結び、労働者の安定的な雇用の供給を獲得している製造業に携わる町工場も増えています。

職人気質の強い人が向いている仕事

製造業の人材紹介を期待するのであれば、どちらかと言うと職人気質の人のほうがこの仕事には向いていると言えます。なぜならば、部品の製造は究極的には人間の手によって微調整が行われるため、細部にまでこだわりを持って仕事をしたいという研究熱心な職人の方が歓迎される向きがあるからです。一見単調な作業にも見えますが、細かな微調整が要求されるレベルになると、やはりこだわりを持って製造業に取り組むことができる人のほうが適しています。

単調さの中で磨かれる技術力

工場での仕事は一見単調に見えるかもしれません。しかしながら、長年磨かれて培ってきた技術力というのは、一夜で成し遂げられるものではないのです。製造業での人材紹介を受ける際の注意点としては、根気よく仕事に取り組む姿勢が大切です。単純作業を適当にやっていると、商品のクオリティにその姿勢が現れてしまいかねません。地道に技術力を磨いていくことができるだけの根気強さと忍耐力が製造業で働くには欠かすことができないです。

広告募集中